読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF-BASIC 運営者BLOG

FF-BASIC(ファイナルファンタジー攻略サイト)の運営日記。FINAL FANTASY攻略のサポートブログ。FINAL FANTASY XIII-2(FF13-2)の攻略サイトを只今制作中です。ライトニングリターンズのプレイ日記も公開を予定しています。

FINAL FANTASY XIII-2について

[FINAL FANTASY XIII-2] ブログ村キーワード

FINAL FANTASY XIII-2FF13-2

FINAL FANTASY XIII-2
読み方:ファイナルファンタジーサーティーン ツー
略称:FF13-2

FINAL FANTASY XIII-2とは、2011年12月15日にスクウェア・エニックスが発売したロールプレイングゲーム。家庭用のゲーム機のPS3とX-BOX360用の2種類のソフトがあり、日本国内はもとより全世界で発売されている人気のゲーム。

タイトルからもわかるように「FINAL FANTASY XIII』の続編にになります。
更にFINAL FANTASY XIII-2FF13-2)の続編「LIGHTNINT RETURNS:FINAL FANTASY XIII」があります。

FINAL FANTASYシリーズ

概要

私自身がまとめたものを公開しようと思いましたが、FF-BASICとかぶるとどうかと思いまして、一番的確にまとめてあった「PS3のFINAL FANTASY XIII-2のページ」(http://www.jp.playstation.com/software/title/bljm60382.html)を引用させて頂きました。尚、勝手ながら見出しを付けさせて頂きました。

シリーズ初の女性主人公を採用し、独創的な世界観や、圧倒的なビジュアルなどが話題をさらい、全世界で大ヒットを記録した『ファイナルファンタジーXIII』。

その正統な続編として登場したのが、本作『ファイナルファンタジーXIII-2(以下、FFXIII-2)』だ。

ストーリー

物語の新章とも言うべき本作の主人公は、前作の主人公ライトニングの妹であるセラと、未来から来たという謎の青年ノエルの2人。 彼女たちは姿を消したライトニングの手掛かりを探すため、そして未来を救うために時空を超える冒険の旅に出る。

前作の冒険が終わったあと、そこにいたはずの姉の姿を見失ったセラ。誰もが「ライトニングは死んだ」と語るこの世界に、彼女だけは違和感を感じていた。 そして3年の月日が流れたある日、突然時空が歪み、セラの住む村の近くに隕石が飛来。そこから出現した魔物たちから彼女を救ったのは、見たこともない衣装に身を包んだ青年だった。 「ライトニングに救われた」と語る青年はノエルと名乗り、ライトニングを捜す旅へとセラを誘う。

「お姉ちゃんに会いたい!」──セラはその想いをかなえるために、姉から託された武器(モーグリ)を手に取った。

本作では、ノエルとセラ(モーグリも含む)の2人を軸に、かつてルシにされたセラを助けたメンバーたちが顔をそろえる。 彼らは時空を超えた先々でセラたちをサポートし、時には力を合わせて戦うこともある。

そんな一行の旅を阻むキーマンが、謎の男カイアス。彼はユールという少女と行動をともにしている。カイアスは何を目的に動いているのか?

その答えは時空を超えた先に待っている……。

登場人物

●ノエル・クライス(CV:岸尾だいすけ)
物語の主人公。滅んでしまった未来から歴史を変えるためにやって来た。その手掛かりを持つライトニングをセラと一緒に捜す。

セラ・ファロン(CV:寿美菜子
もう1人の主人公でライトニングの妹。死んだとされる姉の生存を信じ、ノエルの誘いに応じて時空を旅する。

●モーグリ(CV:諸星すみれ)
ライトニングがセラのために“お守り”としてノエルに託した不思議な生物。戦いでは武器に変形してセラに力を貸す。

スノウ・ヴィリアース(CV:小野大輔
婚約者のセラを救うため、ライトニングと一緒に戦った青年。セラの「ライトニングは生きている」という言葉を信じてライトニングを捜す旅に出ている。

ホープ・エストハイム(CV:梶裕貴
ライトニングたちと旅をしてから10年が経過し、内面的にも大きく成長を遂げた青年。若くして頭角を現し、現在はアカデミー第1研究ユニット主任として活躍している。

●ライトニング(CV:坂本真綾
かつてコクーンを崩壊の危機から救った女性。混沌の地ヴァルハラで、女神エトロの神殿を守る騎士として戦い続けている。

●カイアス・バラッド(CV:白熊寛嗣)
ライトニングやノエルの前に現れ、行く手を阻む謎の男。自らを「死ねない身」と称する。ノエルとは浅からぬ因縁があるらしい。

●パドラ=ヌス・ユール(CV:伊瀬茉莉也
はるか昔、神託により“黙示戦争”にまつわるとおぼしき言葉を残した巫女と同じ名を持つ少女。カイアスと行動をともにしているが、その理由は不明。

バトル

FFXIII-2』のバトルの流れは基本的に前作がベースとなっており、
①敵を攻撃してチェーンゲージをためて、
②チェーンゲージが満タンの時に攻撃を加えるとブレイクとなり、
③ブレイク中に敵に大ダメージを与える、という形だ。

チェーンゲージを効率よくためるには、ATTACKER(アタッカー)やHEALER(ヒーラー)などの、6種類のロール(ジョブのような要素)を切り替えながら戦う必要があり、この切り替えを“パラダイムシフト”と呼んでいる。

なお、本作ではノエル、セラに続く3番目のロールのポジションをモンスターが担当。このモンスターを仲間にしていくことも、本作でのやり込み要素の1つとなっている。

ヒストリアクロス

本作では、いくつもの時空エリアが連なる“ヒストリアクロス”と呼ばれる空間を拠点に、さまざまな時空エリアを行き来する。 新しい時空エリアは、時系列で過去にあたるエリアで“ゲート”を起動することで出現。

ただし、起動には“オーパーツ”と呼ばれるカギが必要で、これを探し出すことがストーリー進行の目的となる。 なお、一度クリアした時空エリアは“閉じる”ことで、もう一度やり直すこともできる。

ダウンロードコンテンツ

ゲーム本編だけでなく、ダウンロードコンテンツによってさまざまな遊びが追加されるのも『FFXIII-2』の魅力だ。 ノエルとセラの外見が変わるコスチュームや、ライトニングやスノウを操作していく新エピソードなども配信されている。 本編クリア後も長く遊べるのは、うれしい要素だ。

LIGHTNING RETURNS Trailer について

LIGHTNINT RETURNS だんだん盛り上がってきた

発売までまだ1ヶ月以上ありますが、私の中では結構盛り上がってきました。

本当は予告編などはなるべく見ないで、予備知識ゼロでゲームをしたかったのですが、FF13-2制作やこのブログのことをしていると自然にライトニング リターンズの情報もちらほら目に入ってしまいます。 正直、気になってしょうがない。

つい、誘惑に負けて、FF13-2の制作の息抜きにと自分で言い訳してSquare EnixのYoutubeの公式サイトで何本か見てしまった。

情報としては色々知っていることはありましたが、実際に動画を見るとまた違った印象を持ちました。(いい意味で)

はてなグループでLightning Returnsを作ったので、時々公開された動画のことに関しての記事をアップしていこうかと思います。

今回はその第1回目

今回アップした動画は

  • LIGHTNINT RETURNS:FINAL FANTASY XIII [E3 Trailer (日本語版)]公開日: 2013/06/06
  • LIGHTNINT RETURNS:FINAL FANTASY XIII [Opening Movie(日本語版)]公開日: 2013/09/24

以上の2本です。

以下は動画とSquare Enixの公式サイトをみて私なりに感じたことを素直に記述したもので的を射たことではないかもしれませんので注意して下さい。

E3 Trailer (日本語版)


ライトニング リターンズ FFXIII [E3 Trailer (日本語版)] - YouTube

世界が終わる13日、その始まりに私は目覚めた(ライトニング)

最後の13日

この世界にも未来が記録されている「予言の書」があるようだ。

「セラ、俺が死んだらお前に会えるのか?(スノウ)」
やっぱりセラは死んだままなのか?
それとも最後に復活するのか?(だれもそんなことは言っていません、私の願望です。)

「あんたを殺して予言された未来を実現する。(ノエル)」

予言書にはライトニング=悪魔と記録されているのか?

そもそも、ノエルは予言された未来を実現させたいようだ。どんな未来なんだろうか?
ライトニングと戦うということは、ライトニングは預言書の未来を否定しているのだろうか?

Opening Movie


ライトニング リターンズ FFXIII [Opening Movie(日本語版)] - YouTube

時は、あれから500年、FF13-2の世界から500年後の物語なの?

ライトニング
解放者(女神の守護者が解放者になったのか?魂を救うのが解放者?)
スノウ曰く、「・・・闇を断つ閃光、囚われた魂の解放者 魂を最後の救いを導く・・・」
スノウ
太守。何かの親玉なのか?と思ったら「享楽の都市ユスナーンの太守」で500年間統治しているらしい。呪われた力があるとエニックススクエアのページには書いてあった。その力のせいで500年も生き続けているのだろうか?セラを救えなかったので性格まで変わってしまったのか?
ルミナ
セラに似た子供、ライトニングの剣を簡単に折るほどの力があるようだ。特殊能力があるのか?モンスターも召喚する力がある?時にはライトニングの行動を邪魔することもあるとのこと。あえて試練を与えつつ導いているのか?(全くの憶測)

当たり前だが限られた情報だけでは全てを理解することはできません。

どんなストーリーになるのだろう?

個人的にはわくわく度はUP!

FINAL FANTASY XIIIシリーズの最後に相応しい作品になって欲しいものです。

この記事はお役に立てましたか?

少しでもお役に立てましたら、ブログ運営の励みになりますので「ランキングサイト」へのリンクをクリックして頂けると嬉しいです^^(当ブログの人気度もわかりますよ。)

本日の応援クリックありがとうございました(*'-'*)

FINAL FANTASY グループ新設

はてなブロググループで新設!ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーのグループを2つ新規で作成させて頂きました。

作成したのは

いずれ新しく誰かがグループを作るだろうと思ったのですが、 折角なので、2つ作っちゃいました。

しかし、グループって何をするんだろう?

「えっ。わからないくせに作ったの?」という声が聞こえそうですが、 本当によくわかっていません。

これから、グループについてよく調べときます。

読者がついて下さいました。

グループを作っている途中、はてなのトップバーにある「あなたへのお知らせ」にマークが付いているのを発見。 これはGoogle Chrome拡張機能なのか?

そこを見ると、なんと「○○さんが読者になりました」の文字が・・・。

読者って何?

恥ずかしながら、はてなの機能はほとんど知りません。(ブログそのものが初めてに近いので全くの無知です。)

早速、Googleで「はてな 読者とは」検索。

ヒットした中で一番関連性が高いと思われたのが

気になるブログをチェックできる「読者機能」を追加しましたのページ( http://staff.hatenablog.com/entry/2011/12/01/151257

そのまま引用文

サイドバーの「プロフィール」に表示されている「読者になる」ボタンを押すと、そのブログの「読者」になって、更新情報を簡単にチェックできます (デザインによっては、サイドバーが画面の一番下に表示されている場合があります)。 読者になったブログの更新情報は、ヘッダの「管理」をクリックすると表示される「ダッシュボード」で確認できます。

誰かが自分のブログの読者になったことは、ヘッダの「あなたへのお知らせ」で通知されます。 はてなブログに招待した人と招待された人は、自動的に、お互いが読者となります(これまでの招待についても同様です)。

それぞれのブログの読者一覧は、各ブログの「about」ページに表示されます。読者一覧は全体に公開されます。

例:http://staff.hatenablog.com/about

読者になったブログは、サイドバーの「読者になる」ボタンが「購読中です」ボタンに変わります。「購読中です」ボタンを押すと、読者をやめることができます。 現在はPC版のみ対応しています。スマートフォンからの読者登録や、更新情報の確認は、追って対応する予定です。 フィードバックで多数のご意見をいただき、ありがとうございました。 どうぞご利用ください。

と書いてあった。

「読者になる」というのは、気になるブログ(更新情報をチェックできる)のことらしい。

記事は2011年12月1日になっているので、2年ぐらい前のNEWSですが、私にとっては「HOT-NEWS」です。

まあ、とにかく私のこのブログにも「読者」ができた。読者になって下さったm○○○さんありがとうございました。

初めてのことなので素直にうれしい。

上記の(例)のページをみたら1867人も読者がいた。
早くそんなブログになりたいものです。

FF13-2 面白いのに・・・

FF13-2の販売数

FF-BASIC(ファイナルファンタジー攻略サイト)を立ち上げようと思ったのは、 数カ月前に「今、ファイナルファンタジーってどの位売れてるのかな~」とふと思い、 調べてみてからでした。

わかったのは、1位がFF7(FAINAL FANTASY VII)がダントツで400万本OVER。 個人的に好きなFF10((FINAL FANTASY X))は310万本
前作のFF13FINAL FANTASY XIII)は190万本

ファイナルファンタジーの作品は殆どが100万本を大きく上回っていましたが、
FF13-2FINAL FANTASY XIII-2)は「えっ・・・(絶句)」

86万本・・・でした。

データ元は普通のサイトでしたので、正式な数字とは違うかもしれませんが、 複数のサイトで同じような数字でしたので、そうなのだと思います。

FF13-2が売れなかったのはなぜ?
そもそもFF13が原因だったのかも・・・。

FF13-2のファンを広げたい

FFファンの私でも、FF13の前半(20時間ほど)は「文句なくつまらない」と思えた作品ですが、実は後半(グラン=パルスから )は結構面白い作品です。 (ライトニングリターンズの後にFF13の攻略サイトも作成する予定です。)

あと理由があるとすれば、そもそもPS3保有者が多くないのかなとも思います。

私、個人の意見ですが、全てのファイナルファンタジー(オンライン系は除く)をプレイしてきましたが、 FF13-2は、総合的に考えて一番面白かったと思います。ハマる要素も沢山あります。

そこで、なんとかFF13-2を盛りたてたいと思い(実際には私の力ではどうにもならないというのは百も承知ですが・・・)、 「攻略サイト」を作って面白さを広めたいと考えた訳です。

サイトオープンもしていないのに何ですが、まずはFF13-2のファンが広がるよう頑張りたいと思います。

今、FF13-2をプレイしている人はいるのかな?

ブログランキングに登録

昨日、初めてブログのランキングサイトに登録してみました。

特に理由があるわけでもないのですが、前々から
「登録したらどの位アクセスが増えるのかな?」
と気になっていたので、とりあえず「まあ、やってみよう」と思いはじめました。

今現在、このブログは、私本人以外からのアクセスはほとんどありません。

もっとも、ブログ事体の更新頻度が少ないことがアクセスが少ないことの原因というのはわかりきっていることですが・・・。 なかなか記事を書くのが苦手です。

「そんな人が攻略サイトを作るの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、攻略サイトは主に説明です。 説明文を考えるのはそれほど苦ではありません。

普通の、日常的な文章を書くのが苦手なんですね~。

こんな事書いてもしょうがないかと思って、作った文章を削除したことも何度かありました。

私にとってブログはちょっとした苦行です。

ブログのランキングに登録したのも、実は、ちょっとはブログに対しての自分のモチベーションが上がるかなと思って 登録してみた。ということです。

できたら応援して下さるとうれしいです。(左にあるバナーをクリックして下さいね♪)

今、FF13-2をプレイしている人はいるのかな?

FF13-2の攻略サイトが完成しても、正直それほど多くのアクセスはないだろうとは思っています。

というのも、ファイナルファンタジーはゲームの中でも人気の高いタイトルですが、 「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」が比較的最近(2013年8月27日)に発売されているので ファンの皆さんは2年前に発売された「FF13-2」をプレイしている方はかなり少数だと思われます。

私自身は「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」についてはあまり興味はありません。(理由は後々時間がある時に説明します。)

それよりも、リマスター版の「FINAL FANTASY X | X-2 HD Remaster」の方が興味があります。 もちろん、もっと興味があるのは「LIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIII」。

できるだけ早くFF13-2を完成させようとは思っていますが、まだまだ先が見えない段階です。

「LIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIII」の発売日2013年11月21日ですのでその前にはなんとかしたいと、強く思う今日このごろです。

Final Fantasy X/X-2 HD Remaster」の初回封入特典

今日知ったのですが、
ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster」の初回封入特典として、「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」で使用できる 「ファイナルファンタジーX」のヒロイ-ン"ユウナ"が着用していた召喚士の衣装のアイテムコードが入手できるようです。

「う~ん」
ビジネスとして考えたら、もちろん「有り」ですが、一般ユーザーの立場でいうと、別のタイトル作品の発売で「そこまでするか?」という感じでしょうか。

でも、たぶん、買っちゃう。

うん、それでもやっぱり買っちゃうな。

特に私の場合、PS2は壊れちゃったし・・・。PS3でできるので・・・。

どうせなら「ファイナルファンタジーX/X-2 HD Remaster」はPS4で発売するんだったらもっとよかったのに・・・そういう選択肢はなかったんでしょうか?

最後に、気になってることがひとつ、PS4は「クラウドサービスでは既存のPS1、PS2、PS3全てをストリーム出来るようになる」という話がありますが、 「Final Fantasy X/X-2 HD Remaster」(PS3版)を購入した後にPS4版のものがでたらどうしようかとも思っています。

FF-BASIC(FF13-2攻略)の特徴

FF-BASIC(FF13-2攻略)の 7つの特徴

今までどんなサイトを作るのか明記していなかったので、ちょっと説明します。

20時間でフラグメントコンプリート。
一番の特徴は、何と言っても「速攻(短時間)で攻略」を目指すところです。手順通りゲームをすすめていけばどなたでも短時間での攻略が可能です。フラグメントコンプリートまでの時間は20時間が目標です。
強敵及びBOSSを全てRANK★★★★★で撃破が可能です。
RANK★★★★★で倒すとなにかいい事があるのか?と思う方もいらっしゃると思いますが、「レアアイテム」を取れる確率が高くなります。また、RANKは戦術とかは関係なく単に戦闘に擁した時間だけが判定基準のようです。つまり、速攻で攻略するためには効率よく短時間でモンスターを倒す必要がありますので常にRANK★★★★★で戦うことを心掛けましょう。それともう一つ大事?なことですがRANK★★★★★で敵を倒すと「気分がいい」ことです。少なくても私にとってはとっても大事なことです。
迷うことなくSTEP毎にすすめていけます。
FINAL FANTSY(ファイナルファンタジー)に限らずRPG(ロールプレイング)に慣れていないと、「どこに行ったらいいの?」「次は何をしたらいいの」などわからなくなってしまうこともあると思いますが、「Story」に沿ってすすめばどなたでもクリアできます。
STEP毎におすすめの「装備」、「召喚レイド」、「パラダイム」を記述しています。
プレイをして結構気になるのが「装備(武器やアクセサリ)」仲間モンスター、そして「パラダイム」。そのSTEPにあったものを掲載していますので、安心。
STEP毎に攻略ポイントを記述。
実際にプレイする前に目を通しておくと大事なポイントを見逃すことなく快適にプレイできるように工夫しています。速攻で攻略するには二度手間になるようなことは極力避けなくてはいけませんので、とにかく「効率」よくプレイできるようにサポートします。
色々あるモンスターの倒し方
モンスターの倒し方はパーティー(セラ・ノエル・仲間モンスター)のレベル・力量によって当然変わって然るべきです。戦闘の基本はブレイクさせて一気に畳み掛けるという方法ですが、敵の特性に合わせて攻略していきます。

以上が7つの特徴になります。

ファイナルファンタジー攻略サイト テンプレートが出来てきた。

FF攻略サイトの作成中に色々考えたこと

どんな形(サイト構造)のページが一番いいのか?

ユーザーが望んでいるような攻略サイトってどんなサイトだろう?

現在、人気がありそうな攻略サイトを研究してみる。

オリジナリティがあるサイトでないと意味がない。どう個性を出していくか?

どうせなら、検索でヒットして多くの方が訪れるような攻略サイトにしたい。

考えれば考えるほど、サイトを作るのは難しい。

色々調べているうちに、内容的には検索の上位にきてもおかしくない。あるいは、内容的には一番充実しているサイトが、検索の中に埋もれているケースなどが結構あることに気がついた。

どんな素晴らしい内容のサイトも誰も知らないところにあっても訪れる人はいない。

試行錯誤の連続でなかなか前に進めないでいたのですが、ようやくテンプレートがもう少しというところまできた。

当初考えていたよりもやはり時間がかかっているが、なるべく妥協しないで作成しています。

完成まではまだまだですが、今はひたすら地道な作業をしています。